りっかてきどくはく

 2019/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  
日常の事

かまおとぎりの街

やっとこ、かまいた×3のエンディングをコンプリートしました。
2の時も思ったけど、なんでこんなに途中から作業な気持ちになってくるんだろうか…。
1の時はそうでもなかったような気がしてたんだけど…けど、SFCのあの頃はrikkaも中学生だったりしたから、まだ必死だったのかも。

とか。

×3に同梱の1は、PSの特別篇と違ってフローチャートじゃなくて章タイトル区切りで懐かし嬉しいとか、でもSEがちょっと違ったりしていやんとか。
同梱2はなんだか面倒でやる気がしないのん、とか言いつつ、追記白文字でバレを気にせず×3の感想文。

ちなみにタイトルかまおとぎりの街はこれ。あほ大学生ですが大好きだった事だけ明らかです。


言うかザッピングうざい! 某にちゃんでも言われてたけど、他キャラを操って攻略、と言うよりは、如何に壊れがちでいらん事言いの俊夫さんを黙らせておくかとかそう言う扱い。
ザッピングを正しく「フラグ立て」と理解して、システムを楽しむには良いですが、物語、とか推理、としてはうっとうしいですな。
1EDに対してイチイチ全員視点から見ないといかんのも、(面白いのもあったけど)基本的には面倒って言うか。
上記とまったく逆になるけど、ザッピングの所為で透以外にも適度にスポットライトが当たるから、透の主人公性ダダ下がりって言うか、金の栞のエンディング見てたら、主人公は久保田夫妻じゃないんですかと思いましたよ。
て言うか、「謎が明らかに!」とか言うけれど、何でもかんでも因果関係を明らかにしたら良いって言う訳でもないって言うか、そんな全部の事に「原因」があるのも逆におかしい。世の中には「偶然」だってあって当たり前なのねん。
1で言う所のサバゲに入った後の犯人なんかムリムリも良い処やしな。
「如何に面白い推理物を作るか」じゃなくて、「如何に分からなくするか」がメインになってて本末転倒気味。結局犯人捕まえられへんし。

て言うか、もともと1が好きで続編を買ったのに、2冒頭で「1は劇中劇でしたー」とか言われた時点で駄目だったのですが。×3以前の問題で。
あんな事言われるぐらいなら、2も1パラレルの方が良かった。
俺と真理は恋人未満。小林夫妻は真理の叔父夫婦で、OL3人組は仲良し、香山さんは小林さんと既知で…と言う設定を残しつつ、舞台を変えて初対面はハジメマシテから!みたいなさ。

続編、と言うなら荒削りでも煉獄の方がやっぱりそれっぽいしな。

なんかそんな感じの完結編でした。


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ついった



カテゴリー



月ごとに見る



独白内検索



プロフィール


よろずサイト【BoardTOWN】/素材屋【魔女の魔法店】に細々と生息しています。

ニコタがフレーム内で
巧く開けない場合は
こちら


リンク



最近のコメント



見つけたもの




ピタゴラ装置

いつの間にか続刊してますた。
からくり好きの大人は必見です。


FC2カウンター



カウンターを付けてみる。