りっかてきどくはく

 2017/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
日常の事

年末ご挨拶

   

今年一年、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。




日常の事

イタリアに行ってきました。

2012年7月、イタリアに行ってきました。
その時のお写真や雑感をちょこちょこまとめてたものを置いておくのです。

いたりー旅行記。

楽しかったですよー。


日常の事

講釈師、見てきたような嘘をつき

「3和音で曲が書けないのは作曲家に腕がないからだ」
「未完はどんな駄作にも劣る」
これはrikkaの創作の2台柱ですが、なんつーか、タイトルのこれも創作の原点のような気がします。

rikkaの中で、「創作作家はあくまで傍観者でなければならない」と言うのがあります。
キャラの動きや世界の流れに、作家の希望や心境が投影されてはならないと言うか
投影されている事を気取られてはならないと言うか。

ただ見てきた事を綴っているんだと言う第三者的な視点が欲しい。
一人称作品、ナレーション付でも、それはそのキャラの一人称であって欲しい。
一言で言うなら「中の人など居ない」状態であって欲しい。

たまーに「帰りたい」と思う作品があります。読んでいたら、自分がその世界に居るような気がする世界観。
そう言う作品って、やっぱり世界の在り様が自然なんですよね。
「ストーリー(とか萌えとか)のためにキャラが動いてる」感がない。
作者は多重人格なんじゃないかと思うぐらい、多種多様な人が自然にそこに振舞っている。

…と、最近好きなweb作家さんができて、その人の作品を読みながら思っていたところに
お姉さま達の間で「リアルとリアリティとは」みたいな話が出てきたのでちょっと語ってみました。

そして真かまはそれでまったくなってなかった気がするのようふふ、と今になって言ってみますよ…。


日常の事

「この冬に食べたくなるもの」

ニコットタウンの方でそう言うお題があって、ちょぃ日常ネタも書いたのでこっちにも流出させてみるテスト。
ニコタ日記とこっちでちょっと口調が違って恥ずかしい!

以下概ね転載。

お題とは言え、偏食のあまり季節感を見失うタイプ(真夏でもシチューが好きだとか)なので、
「冬になったら食べたい!」と言うものはあまりなかったりするのですが…

ただ、季節限定品となるとそうは行きません。
ここは一つ、冬にならないと店に並ばないもので行ってみよう!
…と思って真っ先にたどり着いたのが
「あきんど(100円回転寿司)のアン肝」でした。
りっかオッサンすぎる…。

アン肝だとか白子だとか、他所で食べるとお高いものを100円寿司で頂くのが好きです。
悪食なので、モノの良し悪しはあまり分かりません!
100円のアン肝でも美味しいよ!(`・ω・´)=3

酒はあまり飲めない癖に、昔からつまみ系が大好きなりっかですよ。


毒にも薬にも

キラキラネーム、DQNネーム

もともとついったーの方に投稿してたんですけども、内容がちょっとあれかな、と思ったので移動。

>追記を開く。

日常の事

すぴりちゃー

スピリチュアル、と言うほど詳しくは無いのですけれど、
りっかは天然石が好きです。

普段使いの何も考えないアクセから、へこんだ時はちょっと石の持つ力や意味を考慮して購入したりします。

さて、そんなりっかが、なんだかもう20年来でお付き合いしている石があります。
まだまだ無邪気だったあの頃、露天できゅんと来て買うたヘマタイト。

なんだかんだなくさずに、ずーっと持っています。

けどね。
ヘマって一般に、持ち主に自信を与える、だとか、勝負強くなる、と言われる石なのです。
けどりっか、年々弱くなります。
自分に自信が持てなくなって、引き篭もったりします。

…大事大事にはしてきたけれど、浄化とかはよく分からなくて、ただ、お守りとして持ってたから、力が弱くなったのかなあ、とか思いつつ、こないだ日光浴させました。

石は支えと言うか、取り掛かりだとりっかは思ってるので、この石を持っていたからって目に見えて心がムキムキする訳はないのだけれど。
でも今、りっかは、今すぐ強くなりたい。

…どうすっかなあ…。

大学のお姉様たちに、かなり鍛えてもらったはずなんだけどにゃ…。


日常の事

反射神経とか

先日チャリで転んだですよ。
角での出会い頭衝突を避けようとして舗装でスリップしたですよ。
夜にイヤホン挿してたrikkaが悪いんだけども、全然気づかんくて、多分、余分に驚いてハンドルを切りすぎたんだと思います。

「ああ、ああ」言う内に自転車に絡まるようにして、ゆっくりこけました。
咄嗟にハンドルから手が離れなくて、足も踏ん張り聞かない感じで、ホント、ずるずると倒れて、地面に這い蹲る感じ。
頭を打ったんですけど、それも「ガツン」と言う様な鋭い衝撃じゃなくて、「ごち。」って言う鈍い感じで。

鈍い転倒だったけど派手だったので、むしろぶつかりかけた相手の方がとても驚いていました。

「だ、大丈夫!?怪我はない!?(慌ててrikkaの自転車を起こしてくれつつ)」
「あ、大丈夫ですすみません。って言うかびっくりさせちゃってすみません」

…という会話をホントにした。ぶっちゃけ痛いより恥ずかしかったです!(゚Д゚ )

そして今日になって痛い。
無理な姿勢で自転車と絡まった所為でそこかしこにできた打ち身が、どうやら内出血していたようです。

rikkaの運動神経とか反射神経どこ行った…!




日常の事

リアルモンハンフェスタで一狩り行こうぜ

と、言うわけでUSJのリアルモンハン、インテのモンハンフェスタと行って来ました。

インテが久しぶりすぎて、ちょっと変な方向にテンションが上がったのは内緒。
と、言うか、その前週にあったオタイベントの為に、地下鉄の駅のあちこちに「コミックシTで混雑が予想されるけどごめんね!(意訳)」とイベント名丸出しでポスターが貼ってあったのが大変いたたまれなかったです。

いやそれはともかく。

どっちもリアル集会場はまったくスルーで展示目的。
実物大のモンスターや武器があるのがホント楽しくて仕方ない!のテンションでした。
リアルの方は浴場受付コスのお姉ちゃん、フェスタの方は全身ユクモコスのお兄ちゃんと、浴場受付コスのお姉ちゃんがいて滾る滾る。
フェスタのお姉ちゃんも可愛かったけど、リアルのお姉ちゃんが超綺麗でした。眼福眼福。

ユニバーサルな映画やワンピにあまり興味がないのでリアルの方はUSJの入場料分やや厳しい感じ。
対してフェスタは入場無料&イベント出店もそこそこ、某狩り芸人さんも来てました、で満足。
と言った印象でしたが、リアルの方は会場の隅っこを借りてのタイアップ、フェスタはオンリーイベント(オンリー言うな)なのでそこは仕方ないかなと。
代わりに、リアルの方は作中BGMがスペースでずっとかかってて楽しかったですよ。
フェスタもそれぐらいしろよ!臨場感が全然違うんだよ!

とは言えどっちも楽しかったです、の久しぶり日記。
写真はクリックで原寸になります。
敢えて売りではない部分を挙げてみた(笑)


日常の事

「お鼻のながーい動物なーんだ」

昨夕、マンションの花壇の前で座りこんで花を見てる子供がいた。
2ちゃいか3ちゃいぐらいなのに、見る限り近くに親がいる様子がなくて少し気になった。

今朝またその子を見た。
今日は自転車に手をかけた母親役が側にいた。
終始無言だったのが気になった。

駅まで歩く途中、後ろから声が聞こえた。
「お鼻のながーい動物なーんだ」
「ぞうたん!」
「すごーい。じゃあ次はねえ…」
声と共に背中からりっかを追い抜いたのは、さっきの親子の自転車だった。

オチの読める話だけども、朝からちょっとほっこりしたんですよ!


日常の事

山桜

ちょっと前に配布した詩素材は、rikkaが以前お世話になっていた職場に植わっていた山桜を見て思いついたものです。
だから本当はタイトルも「山桜」にしたかったんですけど、山桜の素敵画像が用意できなかったので断念しました。
いやあの素材自体は気に入ってるんですが…!

さて、件の山桜が、春になったら淡いピンクの花でもっこもこになり、夏には鮮やかな緑になり、秋に、その緑がそれは鮮烈な紅になった事にとても驚いた事を覚えています。
恥ずかしながら、それまで桜の紅葉を知らなかったrikkaは、桜って通年素敵なんだずけえ!って思ったのです。

ところで、雑貨屋さんなんかで最近桜の鉢植えを見かけます。
あれってやっぱり植え替えが必要なのかしら?と思いつつ、通りかかるたびにガン見のrikkaです。
もし植え替えが不要で、しかも秋にはいっちょまえに紅葉なんかしてくれたなら、rikka萌え死ぬと思いました。

ちょっと調べてみようかな。


 | HOME |  つぎのぺーじ»

ついった



カテゴリー



月ごとに見る



独白内検索



プロフィール


よろずサイト【BoardTOWN】/素材屋【魔女の魔法店】に細々と生息しています。

ニコタがフレーム内で
巧く開けない場合は
こちら


リンク



最近のコメント



見つけたもの




ピタゴラ装置

いつの間にか続刊してますた。
からくり好きの大人は必見です。


FC2カウンター



カウンターを付けてみる。